スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

優しくて薄情な人たち(転載) 

私はミクシィ内の日記にてこの記事を書きました。
けれど、もっと多くの人にこの考えを知ってもらいたくて、こちらに転載しておきたいと思います。
ってこっちでちゃんとした記事書くの、いつぶりなんでしょう。。。










よく女性が好みの男性のタイプとして、「優しい人」という項目を挙げますよね。
そうそう、優しさは付き合う上で必要だし、優先順位にしても結構上位に上がると私は思います。
でも優しいってどんな定義なのでしょうね。

「何をしても許してくれる」

これも一般的に「優しい」って言うのかもしれないけど、
本当にこんなのが優しさなのか!?

むしろ「無関心」って言葉で表現されるべきだと思うのです。
「愛する」の反対語は「無関心」ってよく言うけれど、
愛情の無さは、「情に薄い言動」すなわち「優しく見えるけど、よく考えたらただの薄情」
に繋がるのだと、改めて痛感します。

べつにそんなに好きじゃないからノータッチでー
みたいな「無関心」が私のまわりには溢れています。
っていうか現代の社会はこれで埋め尽くされてる。



昨今ひしひしと感じるのが、この「無関心」の恐ろしさ。
もちろん、私が男性から「無関心」な態度をとられるのも大ダメージになりますが、
それはもう慣れました。

最近更に危機に感じるのが、
宿舎の階段の電気が一日中つけっぱなしなこと。

え!?
って思うかもしれませんが、これで、少なくとも38号棟の住人の意識が伺えます。
私たちの住む世界について「無関心」なんだなーって。

毎日生活していれば、それなりに同じ棟の住人に会ったりもするのですが、優しくない人に会ったことが無いのです。

でも電気はつけっぱなし。私が外出するまでに消えていたことは一度もありません。昼過ぎに外出しても絶対つけっぱなし。

私は人間も自然も全部同じものであると考えていますから、自然に優しくないことをする人は、もうあまり付き合いたくないと思います。

だって、ダイレクトにリアクションの無い「環境」というものが相手だからこそ、
そうやって平気で「薄情」なことするんでしょ?

私がもし困っていても、表面的な優しさだからこそ、
別に助けようとしないんでしょ?



私は毎日この「薄情な優しさ」を目の当たりにするのですが、
これがどうしても許せません。

自分が親切にしてもらったと感じるのなら、その人にそれを表現してみてください。
もし日常が「当然」なことの連続だと思うのなら、それを疑ってみてください。
その「当然」の裏には、犠牲や親切心が潜んでいます。

本当の意味で優しい人が増えるだけで、世界が変わると思うんだけどなぁ。
これって、難しいことなのでしょうか。
スポンサーサイト

[2007/11/09 14:42] ライヴレポ | TB(0) | CM(5)

お久しぶりです。

かたっぽの方でも日記は見てましたが、コメントはこちらで!

優しさについて話をひとつ。

どうしても誰からも苦手意識をもたれてしまうAちゃんがいました。
席替えするにも隣になりたがる人がいません。
あまりにAちゃんがかわいそうだし、みんなに頼むわけにもいかない。
そこで、みんなのためとAちゃんのためを思って、先生は考えました。まじめなBちゃんならいい方法を考え付いてくれるかもしれない。
早速、先生はBちゃんに相談しました。そこで、Bちゃんは問題を悟って、隣になっていいよ、と言いました。先生はほっとしました。

席替えしました。
Bちゃんは最初は嫌でした。Aちゃんは、不真面目で、授業中も別のことをやっていて、言うことを聞いてくれません。授業も集中できません。

でも、ある事に気が付きました。
Aちゃんが授業中に書いている車の絵がとても上手なのです。
上手だね、とBちゃんが言うと、Aちゃんは得意そうにしていました。
Bちゃんは車のことは良くわからなかったけど、Aちゃんはとても詳しくて、大人より断然知識が豊富でした。
AちゃんはBちゃんに車の絵を見せながら話しかけてくるようになりました。
でも授業中なので、後で教えてね、今は授業中だからと言うと、しぶしぶ車の絵を机にしまうようになりました。
Bちゃんは少し自分を反省しました。Aちゃんはそんなに悪い子じゃなかったのに、嫌いだから関係ない、嫌な子は嫌な子だと決め付けてきた事が、恥ずかしいと思ったのです。
それから、少しだけだけどAちゃんとBちゃんは仲良くなったそうです。

終わり。

と、コメントなのに日記以上に長くなってしまいました(汗)ごめんなさい(汗)

でも、ここにも、優しさが何なのか、考えられることがあるんじゃないかな、って思ってます。
先生が優しかったのか、Bちゃんが優しかったのか。
明らかですね。


P.S.ここにさゆみさんが帰ってくるのを待ってました。ここしばらく、コメントはこっちにするんだって我慢してました(笑)
これからも楽しみにしてます!
[2007/11/09 20:25] Mr.歌姫 [ 編集 ]

はじめまして

俺はよく優しいと言われます。
でも、自分は、本質的には冷たい人間だよって言います。
自分では、治したくても治せない、
まさしく優しくて薄情な人間です。なんだかそうゆう人間って多いんでしょう。
ここぞってところで人には優しくできない。情けない話です。

と,勝手に懺悔www
[2007/11/23 17:29] ふく [ 編集 ]

はいどうも!
あのゆーぞーですよ、あのm9(・ー・)

てか、コメント荒れすぎ・・・(^Д^;)

薄情なやさしさかぁ

今の社会って何かをして、何か起こるのを倦厭するようになってしまっているんだろうなぁ
たとえいいことであっても


>もし日常が「当然」なことの連続だと思うのなら、それを疑ってみてください。
その「当然」の裏には、犠牲や親切心が潜んでいます。
そのことに気づかない人がたくさんいるんだろうね
自分も気づいていないと思う、そういうことに

困った人がいても手をさしのべる前に、損得考えてしまうってことかな

よく言えば今の人は頭よくなったのかな

あと社会的にも手をさしのべたところで、なにされるかわからない世の中って気もするしね

助けられた人はこの人何を狙ってるんだろうとか思ったり
世の中の信頼関係とかなくなっているんだよね
詐欺やらなんやら色々なことで人々の疑念がつもってしまっていて

他人を信じる心ってのも、本当の意味での優しいにつながるのではないかな

文章ぐちゃぐちゃでごめんね

もうちょっとさよみ今回の文について考えてみようと思います。ではでは
[2008/11/11 00:32] ゆーぞー [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2009/09/08 01:19] - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/06/17 17:50] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ful1of10ve.blog36.fc2.com/tb.php/104-711fea8c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。