FC2ブログ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Soul Garden Vol.5 @ 青山JANOJA 

実はこの記事、一回投稿に失敗して、今書くのが2回目です。もうやってられません!でも頑張りますvv もしかしたら、推敲されて良い分になるかも♪




ゆっくりと休みながら今まで溜まっていた課題を片付けようかなぁと思っていたこの週末。


・・・・・・やっちまいました。もう殆ど残ってないじゃん休み!
勉強時間ゼロです。休みも、ゆっくり休んだというより、グダグダでした。


そんな、自己嫌悪に苛まれなければいけないような今の瞬間、私はそんなにマイナスな気持ちを持ってはいません。良い音楽はこんなどうしようもない私に、差し引いても余りあるプラスな充実感を与えてくれました。



Soul GArden Vol.5。
この頃聴きたくてたまらない歌を歌ってくれる人、丈夫さんの参加するイベントに行ってきました。しかも、ゲストの記載にmaruさんの名前がぁ!行くしか有りません。


会場は青山のオシャレなレストラン。広さで言ったら、狭めのセブンくらいかな笑。そんな所に机が並べられて皆が食事し、更にバンドが入って演奏する。とてもアットホームな雰囲気漂うお店だった。


今回、バンドメンバーのステージネーム(?)が少々変わっている。折角なので紹介したいと思う!


Juju Ko-ba (Bass)
Santana Ko-ba (Guitar)
Isamu Parker (Sax) from Urb
Daichi Cohen (Trumpet)
Pochi Glasper (Keys)
Bernard Nagata (Drums)
Keos Vandross (Vocal)


これだけ見ても、各々の嗜好が分かって面白い。その中でも、mixi内で相当話題になったのが、"Keos Vandross"。皆大興奮していた笑。





で、早速丈夫さんのバンドの出番。
まずバックバンドが入場し、インストの曲を演奏した。13日のソウル武者でも少し聴いた気がする。サックスの勇さんが作ったそうだ。皆のスキルが光る。うぅん!勇さんのサックスは、思わず「オゥ」とか言ってしまいたくなるほど良い。更にポチさんの鍵盤。今回はあまり黒くないサウンドを弾いていた。これもまた良い!


続いて、丈夫さんの登場。
Commodores"Easy"。
この曲の落ち着いた雰囲気と、丈夫さんの雰囲気が重なり、とても心地よく聴こえる。 彼の歌には観客を包むような愛がたっぷりと込められている。
心が寂しい人は、是非!!!!!!笑

そしてバックコーラス(?)に、Rioさん。何度かお会いしたことはあったが、まさかこんなにイイ歌声だなんて!丈夫さんと掛け合ってうたうところなんてヨダレものでした。

最後になって、maruさんとはなさんが前に呼ばれる。
何やろう何やろう?ということで、Ledisiの"Soulsinger"を選曲。
流石、この二人にぴったりの曲だ。しかし驚いたのが、このような曲をすぐ演奏できるバンドの方だ。もしかしたら、過去にやったことがあるのか?

maruさんはいつも通り格好良かったvvというか、お会いできるだけで嬉しかった。

はなさんの歌は、きちんと聴くのは今回が初めてだ。
彼女の歌声はまるで、名手に奏でられた楽器から出る音。狙った質や高さの音をズバっと出してみせる。本当に良い声である。スムースな曲の似合うジャズシンガーといった感じの声質。短時間であったが、その才能を痛いくらいに感じた。参った!






この頃、このような、才能に溢れた人たちに頻繁に出会う。有り難いことである!私はそんな事がある度に、その人の風圧に負けないように踏ん張る。恐れ多く恥ずかしい気持ちが、他に感情に勝ってしまわないように堪えるのだ。

そして、そんなことをしているうちに、彼らの情熱が私にも灯を点す。無駄に私も燃えるのだ。ぼーぼー。良いのか?






話はかわるが、昨日、「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN」が開催された。ぶっちゃけ、メンバーにビビった。リアーナとかジョンレジェンド居たじゃん!しかも極めつけは・・・・マイケル!?!?オーマイコー!!!!!!!!!
その他にも、日本の音楽を担った人たちが大勢参加していた。
彼らもいつか、こんなメンバーの中に入るのであろうか。もちろん、彼らの目指すのは、日本で活躍することのみではない。しかし、やってくれる気がする。やっちゃってくれる匂いがぷんぷんだ!



やっぱり彼らは頼もしい。これからの更なる活躍に期待!





ショボい締めくくりですが、ここらへんで。またね!




さゆみでした。
スポンサーサイト

[2006/05/28 22:00] ライヴレポ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ful1of10ve.blog36.fc2.com/tb.php/61-a3255dc6







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。