FC2ブログ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

“MARVA WHITNEY Japan Tour with Osaka Monaurail” @渋谷クラブクアトロ 

この頃ライヴ行っても私ダメダメです。
なんか完全に楽しめないって言うか、楽しむために行ってるのか?っていうのか、とりあえずダメダメです。

昨日は徹夜明けで行ったライヴだったこともあり、途中でとてつもない眠気に襲われたっていうのもあって、最初は2列目くらいに居たのですが、最終的には一番後ろに移動・・・・と共にテンションも下へ下へ・・・・・汗

一人でファンクバンドのライヴのノリに付いていくのはキツいですね。特に昨日のような満員な時はつらい。周り中アゲアゲな中で何度か睡眠してしまいました。

基本的に人ごみが嫌いで、雑音が嫌いな私なので、(間逆な状況が大好きだ!って思う瞬間もあるのですが)途中で周りが怖くなってしまった。
なんででしょうね????

そんな中でも、やっぱり素晴らしいバンドのサウンドに心動かされ、最後にはノれることができました。よかったぁ。



昨日のライヴでファンクの楽しみ方、というかライヴの楽しみ方が分かったような気がします。



私はぶっちゃけ、趣味の偏った声フェチです。実際、そんな私には昨日のライヴは、声の面からすると物足りなかった。

けれど、それだけじゃない。ライヴというものは沢山の要素からつくられていて、それらを感じたり、時には自分から行動しなければいけないんだと思うんです。

観客側から言うと、盛り上がり、憧れ、手拍子、ダンス、陶酔、熱狂、ジャンプ、涙、・・・といった感じです。ミュージシャン側は、ベストな演奏をしようとする気持ち、暖かい空気作り、とか、実際私はステージに立たないのでこっちサイドは分からないんですが、とにかく、沢山のパーツから出来上がっているんじゃないでしょうか。

これらをいちいち分ける必要は無くて、勝手に盛り上がったり盛り下がったりすれば良いのですが、とりあえずライヴを楽しむには一つの側面だけで楽しもうとしてはいけない気がします。特に自分が日常的に聴いていないような音楽をライヴで聴く時に、それは失敗する確率が高いからです。

こんなに多くの刺激要素があって、自分が受容できるものが一つも無いはずはありません。もしミュージシャンの側が、「調子悪いなぁ・・・帰りたい!」とか、「今日はつまんねぇな」と思っていても、それを感じた客は「つまんない」だけで片付けてはいけないのです。「自分が彼らをノせなきゃ!」ぐらいの気持ちで居ないと♪
とりあえず、つまらないと感じたら自分のせいなんです。



一人一人感じるものは違って良い。きもちよければそれでオーライ!!そんな、ライヴの本当の姿をファンクは気付かせてくれます。


そんなこんなで、昨日のライヴは行ってよかったです。憧れの方たちにもお会いできたしvv

これはあくまでも個人的な考えです。しかも一時的な考えかも汗
ってことで、今日の記事は日記にも成り得ない、「ただのつぶやき」として掲載したいとおもいます。

ではでは!
さゆみでした♪
スポンサーサイト

[2006/06/09 15:34] ただのつぶやき | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ful1of10ve.blog36.fc2.com/tb.php/66-54c36bc5







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。