FC2ブログ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Naturally 7~100% Human Pure Voice Tour 2006~ @ 横浜BLITZ ――声フェチどへんたい大興奮―― 

急遽バイトが入ったため、開演に数分遅れてしまった。

急いで会場に入ろうとすると、中からギターの音が!



どうして「!」がつくのか?
答えは、今回聴きに来たナチュラリー7は、音をすべて声で奏でるからである。
日本の皆さんは、一時期流行った「ヴォイスパーカッション」を思い浮かべるであろう。
確かにそういうのもやるのだが、このグループの場合、その幅がとんでもなことになっている。だってギターってパーカッションじゃないし!
ギターと一口に言っても、カッティングのかかったリズムギター、ワウワウやディストーションギターと、それだけで多種多様!
これこそ真のエアーギターだ笑。


彼らが奏でる楽器や音質の種類を挙げてみる。

チューバ、トロンボーン、キーボード、ミュートトランペット、フルート、ハーモニカ、チェロ、ヴァイオリン、ハーモニカ、木琴、ボコーダー、ドラムス、ベル、ターンテーブルのスクラッチ音&チリチリ音・・・・・・などなど。

まだ種類はあると思う。だってドラムスと言っても楽器は色々あるし、「Brass」とか「All Bass Instrumentation」とか「Strings」とどめには「Special Effects」とか書かれたらわからない。


初めて彼らを知ったのはゴスペラーズのラジオだったな。ギターにビビりすぎて色んな人にラジオのMD聴かせて廻った気が笑。



で、実は私、ライヴ当日まで彼らのCDを聴いたことが無かった。聴きたかったけど、届かなかったの!ようやく届いたので、急いでMDに録音したら・・・・MDウォークマンほとんど電池ないし↓↓
なので、どんな曲がどんな順でやっていたか、とかはよくわからない汗。
しかし、実際、前情報があまり無くてこんなに楽しめたライヴは初めてであった!もうほんと大興奮。




だってわたくし、声フェチのどへんたいやろうですからああぁ!




はいすみません。
実際、彼らはそんな沢山の音を声でやるわけだが、全員歌もカナリしっかり唄える。さすがは教会上がり。しかもそれぞれが多くのパートをこなせる。やっぱりそこが重要です。声マニアとしてそこが無いと萌えま・・・いやいや、燃えません!


”AMAZING GRACE”を唄ったのだが、私には、7月に入って2回目の天に召す時間が訪れていた笑。しかもただのア・カペラのそれではない。彼らならではのエフェクトが見え隠れしていた。リードをとっていたDwightが、合唱風にお腹から声を出す。


また、JamalとDwightがリードをとることが多かったのだが、「体格が良いとどのように声に影響するのか」というのが聞き比べられて面白かった笑。Jamalはバキバキに鍛え上げて超マッチョで、少し気味が悪いほどウエストと下半身が細い。顔は、日本でタレントやってるボビーに似ている大笑。実際、ボビーと声似てるかも。それに対し、Dwightは陽気な黒人さん風にコロっとしている笑。こう聴いてみると、私は、太った人の声が好きだなぁ。


それと、彼らは全部声でやる「ヴォーカルバント」なので、当然ステージには機材やらは全く置いていない。その分ステージは7人にとって広すぎるのでは?と思っていたが、全くそんなことは感じさせられなかった。
フレーズごとに大まかな振りが決まっていて、視覚的にも楽しめた。一番後ろで見ていたときも、そのバランスは絶妙で、恐れ入った。


また、たった一つのマイクを半円の形になった7人の中央に置いて唄う場面も見られたのだが、それがとても良かった。声がまろやかぁ~に客まで届くのだ。まるで自分の目の前で、ナマ声で唄ってもらっているような。こんな事が出来るのも相当な歌唱力があるからであろう。











ア・カペラというのは、エンタータイメント性に富んだものだということは分かっていたつもりだったが、今回のライヴで、その可能性を恐ろしいまでに見せ付けられた。ホント降参。
また、私にはコーラスの知識というか、どこがどう凄いというのが説明できなくて残念だ。CDを聴けていなかったことも含め、全体的に勉強不足だった・・・反省しましょう・・・・
しかし、逆を言えば、純粋に感動できたことに感謝したい。久しぶりにノーリーズン涙を流せた笑。
しばらくは彼等に夢中だと思う。だって今でも興奮しているのだ。
東京でもう一回やってくれれば・・・・行くのになぁ・・・・・涙



最後にサイン会があって、CDにしっかりとサインを頂いてきた。
そこでまた私に「英語を覚えろ」との天の声が!あああぁぁあぁっ!
だってね、何を言っていいかわからなくなって、筋肉モリモリJamalに、「ゆー あー そう まっちょ!」とか訳わかんない事言っちゃったんですよ。まじイタいね。
でも、Rogerにはハグしてもらって超うれしかったです。あれいいね、ハグって!人肌っていいね!今度から私はあいさつにハグをすることに決めました。

でね、このCDのライナーノーツは吉岡先生が書いてらっしゃるんですよ。
だから、ライナーノーツに吉岡先生のサインを頂いたら、このCDは完璧なんだよね。たぶん悟空より強い。
ということで、吉岡先生に今日サイン貰いにいきますー!先生まっててくださいねー!またうざいさゆみがいくけど許してー♪



最後に、結果的にこのライヴを見るように一押ししてくださったMichikoさんに感謝っ!

まぁ、色々書いといて言うのも変だけど、彼等については特に「百聞は一見に如かず」だから!とにかくきいてみて!
以上、ライヴレポになりきれない、日記でしたっ!
さゆみ
スポンサーサイト

[2006/07/09 09:56] 日記 | TB(0) | CM(2)

さゆみは今でも十分ハグしまくってるよ★笑♪
夏休み♪いっぱい大好きな音楽を聴きまくってね!!!
[2006/07/09 23:53] ゆきえ [ 編集 ]

夏休みはやりたいほうだいですよー!すでに笑

今はハグしてない!してるか?
いや、でっかあぁーいブラックメンとのハグが気持ちよいんだよね。

あぁ人肌恋しいわぁvv
[2006/07/10 01:33] さゆみ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ful1of10ve.blog36.fc2.com/tb.php/80-011902c0







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。