スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

筋肉留学 

雨すごいですね。
一粒ずつが全部麦チョコだったらいいのにとアホなことを考える永遠に寂しい女、さゆみです。

さて、私の大好きななかやまきんに君がアメリカに筋肉留学するそうです。
いやよくわかんないんだけど本当なのかな?

私は対抗して贅肉留学をしたいと思います。みんなばいばーい!












今日はバイトバイトバイト、バイト三つでさゆみ!だったので、別にかくことはありません。でも何となく書きますよー!




曲をつくるにあたって、「大成功すること」の定義が「みんなの心にしみること」ということが、本に書いてあるのを読みました。


確かに、世に言う大ヒットとかミリオンセラーなどの形容がつかわれる曲は、人々の心のどこかに留まったからこその「大成功」なのでしょう。


でも、何だかひっかかる言葉ですね。


だって、逆を考えると、「いかにみんなの心にしみる風につくるか」が「成功の鍵」になるからです。


私の知っている範囲で、良い音楽をつくる人は大抵、自分が一番楽しんでプレイしています。相手のことはたぶん二の次なんじゃないかな。


いや、その、「鍵」を追い求めた痕跡があっても構わないと思うんです全然。例えば、流行のリズムを入れるとか、ある売れっ子の2番手になろう、とか。
ティンバランドの”変態チキチキビート”とか良い例ですね。入れたもん勝ち的な時代もありました。


でも、「鍵」を必死に探し回るのもどうかな、って思うんです。今はそんな人が多い気がします。


一見「我が道を行く」風に見えても、実は平たくしてますよ~無難にしてますよ~しがみついてますよ~顔色うかがってますよ~みたいな。 こうなると長続きしないですよね。


私が言えたことじゃないんですが、

「大成功すること」→「みんなの心にしみること」

っていう秩序を持って初めてこの言葉は意義を認めても良さそうです。決してイコールじゃない。


私が生み出した言葉じゃないので、真意が私には理解出来ていないのかも知れませんが、考察するに値する言葉だと思いました。




まぁ、どこから見ても正しい定義なんて、この世には存在しないのかもしれませんね。


1、2、3、4、5・・・・・1000、1001、の次は、本当は「100☆」かもしれないですし!




よくわかんないです、今日はおわりっ!



スポンサーサイト

[2006/10/06 23:54] ライヴレポ | TB(0) | CM(1)

プレバイオティクスの美容効果

腸内の有益菌(善玉菌)を増やし、腸内環境を整えるのに、プロバイオティクス(probiotics)とプレバイオティクス(Prebiotics)という2つの方法があります http://lather.victoriaclippermagazine.com/
[2008/10/20 20:12] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ful1of10ve.blog36.fc2.com/tb.php/93-bcb68d80







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。