スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

AMEL LARRIEUXライヴ@COTTON CLUB(10/11 2nd)――惚れた!――  

今日は学生には贅沢な場所、コットンクラブに行って来た。3回目かな。
高級な場所では、それなりの雰囲気や体験を手に出来る。
チャージは学割もきかないし、ワンドリンクやらで結局一万円飛んでいってしまうが、是非一度行ってみて欲しい場所だ。



「クールでミステリアスな雰囲気を持つN.Y.出身のR&Bシンガー」という紹介文から想像した彼女の人間像とはまるで違う、そう感じさせたアメル・ラリューであった。



バンドはベース・ドラムス・キーボード・コーラスというシンプル過ぎるんじゃないか、ってくらいのメンバー。
でも彼女のスピリチュアルな感じには充分だったのかな。

私はいつもの通り(っていうかいい加減頑張れよっていう話なのですが)、
予習をオフィシャルサイトとマイスペースとYou Tubeでしかしていかなかったので、
”Trouble”くらいしかわからなかった。あほ!

アメルの歌は始終オーガニックな雰囲気で、熱唱とか正統なバラードなどははあまりしない。
格好も、ダークな色で統一し、お化粧もしていなかったのではないか。
感じるのは、とにかく「飾らない」ということ。
性格も含めてだ。(喋れたわけではないのですが、バンドとのやりとりなどを見ていて思ったんです)

アンコールでは、フロアに下り、最前列の机の一つ空いた席に座って歌い始めた。
それは、私の正面の席であった。

席に座りながら私を見つめて歌う彼女は、何だか面倒見の良いお姉さんのように感じた。
「あのね、こんなことがあってね、どうしたらいいかなぁ~」
「いい?そういうときはこうやって、こうするの。」
そんな会話をしたくなる気分だ。

まっすぐな瞳にやられてしまった。
これは、「惚れた」という表現が正しいに違いない!
ついていきやすぜ!ねえさん!



少し前の私の髪型は、少しアメルに似ていた。
私は自分の髪が嫌で仕方なかったが、彼女とお揃いだったと思うと、誇らしい気分だ。
彼女みたいに、強く美しく生きたいと思ったのであった。
スポンサーサイト

[2006/10/12 02:37] 日記 | TB(0) | CM(2)

AMELLやばかったですね!

いつも楽しく見せていただいています。EDITAというサイトでブラックミュージックの情報を集めたポータルサイトをつくっているのでぜひ一緒にこのサイトを盛り上げていただけないでしょうか?!参加するにあたり、日々何かすることが増える訳ではありません。
今までどおり、ブログの記事を書いているだけでOKです!ブラックミュージックが好きな人が集まるサイトでSAYUMIさんのブログのヒット数も上がります!いかがでしょうかー?もしよければここから登録下さい!http://www.edita.jp/neo/

お手数ですが下記のURLより参加、または参加拒否を決定頂ければ幸いです。
URL:
http://www.edita.jp/admin/sub_editor_answer.php?s=bmVv&e=bmVvMjc1Nw==&i=ODkyOQ==
[2006/10/16 10:48] sweet soul review neo [ 編集 ]

sayumi

neoさん

はじめまして!私も他の方のサイトなどを見て勉強したいので、参加します!

これからもよろしくです。
[2006/10/16 12:14] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ful1of10ve.blog36.fc2.com/tb.php/95-35d0465a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。